Sugiyama 椙山女学園

椙山女学園 椙山人間学研究センター

HOME新着情報一覧サイトマップ

新着情報一覧へ

◆2016-07-23
平成28年度第2回人間講座を開催しました

7月6日(水)、平成28年度第2回人間講座(人間論シリーズ5 環境と人間『ゴリラがつなぐ森と人』 )を開催しました。講師は、中部学院大学教育学部子ども教育学科准教授の竹ノ下祐二氏です。
竹ノ下講師は初めにゴリラの基本知識として、ゴリラと人が進化的に距離が近いこと等について解説しました。また、アフリカのガボン共和国のムカラバドゥドゥ国立公園で行われているゴリラの調査について動画も交えて説明し、保護する必要性の高い野生のゴリラが人間活動によって減少している一方、野生のゴリラから被害を受けている地域住民の存在について述べ、共存、共生が難しい現状について語りました。
次に竹ノ下講師は、人とゴリラの共存、共生を図るために行われている活動について解説しました。そのひとつである「ゴリラ村プロジェクト」は、地域住民をゴリラの「語り部」とし、研究や保全活動の主体となってもらおうという活動です。語り部を育てるための研修では、地域住民の価値観や考え方をグローバルな価値観に変えて話す技術を育てる取り組みがなされ、その研修を通して、「地域住民が自分とゴリラ、森との関係性を改めて考え始めた」という現状を語りました。
最後に竹ノ下講師は、このような活動を通してゴリラが地域住民と森をつなぐ架け橋となるとともに、ゴリラの保護活動が人と自然が共に生きていく道筋となるのではないかとまとめられました。

img142_1.jpgimg142_2.jpg

ページTOPへ