Sugiyama 椙山女学園

椙山女学園 椙山人間学研究センター

HOME新着情報一覧サイトマップ

新着情報一覧へ

◆2011-08-22
平成23年度第2回人間講座を開催しました!

  平成23年7月26日(水)に平成23年度第2回人間講座を本学人間関係学部教授であり椙山人間学研究センター主任研究員の渡邉毅先生をお迎えし、『起源からみた人間家族の特徴』をテーマに開催しました。

渡邉先生はチャールズ・ダーウィンが「種の起源」を著した後の世界と日本における家族起源論の系譜を説明され、特に戦後の日本での今西錦司氏をはじめ文化人類学者を中心とした霊長類の社会構造について、チンパンジー社会やニホンザル社会を例に挙げて紹介されました。性別やオスの移出入などといった単純なエレメントから群社会を構造化し、単位集団の基本的な4構造を示した上で、プレバンド仮説とファミロイド仮説の比較や群れの継承性を検証しました。諏訪元氏によってエチオピア・アフォール地方で発見されたラミダス猿人は、近年東京大学の三次元CTスキャンを使用し全身骨格が復元され、ヒトとチンパンジーとの関係性がより明確となり、そのお話はひときわ参加者の関心を引いていました。

後半では、人間家族の特徴についてレヴィ・ストロースの「女性の交換」を用いて、系統的父系型の枠組みであることを前提とし、日本での局地的な母系型社会の踏襲やその特性を紹介されました。今後、少子化や高齢化社会に突き進む日本の現状の中、長男男性の結婚難に表れているように、これまでの父系制度の維持は難しいと予測され、男性の意識改革の必要性を説くと同時に、新しい家族構造として「妻方同居婚」の提議をされました。


次回の人間講座は9月下旬の開催を予定しております。詳細は順次ホームページにて掲載していきます。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

シンポジウム・人間講座

ページTOPへ